カテゴリー別アーカイブ: PHP

ImageMagickとimagickのインストール (centos7とwindows7)

本番環境がcentos7で、開発をローカルPCのwindows7で作業してて、
画像のリサイズやりたくて、
ImageMagick&imagickが楽かなぁと思ったんだけど、
インストール、特にwindowsに手間取ってしまったので
忘れないようにメモメモ

■ centos7
php 7.3.2

php-pear php-devel をインストール

peclコマンドが使えるようになってるはずなので
imagickをインストール

/etc/php.d/ 配下に 30-imagick.ini みたいな感じで ini ファイルを作って
こちらを記述しておく
extension=imagick

httpdを再起動して完了

■ windows7
こちらは結構手間取った。。。
ちなみに開発環境はxamppで構築
xamppなので32bitのやつをDLする!

・ImageMagick
https://windows.php.net/downloads/pecl/deps/
ImageMagick-x.x.x-x-vc15-x86.zip

vc15のところが要注意!!

こちらApacheのバージョンらしいので確認して
同じバージョンを落とさないとうまくいかない

確認方法

VCの数字と同じのをDLしましょー

・imagick
https://windows.php.net/downloads/pecl/snaps/imagick/3.4.3/
これも同じくVCとx86に注意!
あとts、ntsも注意!xamppの場合は、だいたいtsなのかな?

解凍したフォルダに「php_imagick.dll」っていうファイルがあるので
これを「xampp\php\ext」の配下にコピーする
そして、「xampp\php\php.ini」に下記の1行を追加
extension=imagick

OSのシステム環境変数に下記を追加
変数名:MAGICK_HOME
変数値:C:/lib/ImageMagick

※変数値は、ImageMacickのDLしたファイルを解凍した場所
なのでどこでもOK。\マークじゃないほうがよい?

ユーザー環境変数のPATHにも「ImageMagick\bin」のパスを追加
C:\lib\ImageMagick\bin

あとはPCを再起動すれば大丈夫なはず!

【PHP】Google search consoleの検索アナリティクスAPIをたたく!

Google Analyticsに続き、search consoleの検索アナリティクスAPIを
使ってみたのでメモメモ

手順は、GAのときとほぼ一緒
こりゃ便利ですなぁ~

【PHP】Google AnalyticsのAPIをたたく!

Google AnalyticsのAPIをたたいてみたのでメモメモ

google-api-php-client を使うと
あっというまに実装できちゃう

便利ですなぁ~

【PHP】簡単に暗号化、複合化を実装したい場合

PHPで、ちょっと個人情報的なのを
DBとかに格納するときに、簡単に実装できる
暗号化、複合化のロジックをメモメモ

暗号化

与えられた文字列を与えられたメソッドとキーで暗号化して、 未加工の、または base64 エンコードされた文字列を返します。

復号化

未加工の、または base64 エンコードされた文字列を受け入れて、 与えられたメソッドとキーを使って文字列を復号します。

google-api-php-client-servicesを使う

PHPでGoogle Drive上にファイル作成・編集を
したくなったのでメモメモ

https://github.com/google/google-api-php-client-services
これを使用すると楽にできるらしい。

zipファイルでダウンロードしたヤツでやろうとして
かなりハマった、、、

素直にcomposerを使いましょうw

参考になりそうなページ
スプレッドシート関連
Google Drive関連

【PHP】正規表現でタグとかを抽出

最短マッチやら難しく考えすぎず
なるべくシンプルにシンプルにー

まずは、file_get_contentsなどで取得した
htmlソースを$getContentに入れる。

バルクアップデート

大量のアップデート文を流すときに
速度改善で役立つSQL

cakephp仕様だけど、別にSQL文はどこでも使えそう

php-mecabを使ってみる

mecabをphpから使えるようにしたよ

cd /usr/local/src/

git clone https://github.com/rsky/php-mecab.git

cd /usr/local/src/php-mecab/mecab

phpize

./configure --with-php-config=/usr/bin/php-config --with-mecab=/usr/bin/mecab-config

make

make test

make install

// ファイル作成

vim /etc/php.d/mecab.ini

extension=mecab.so

/etc/init.d/httpd restart

PHP テーブルのJOIN

意外と簡単にできるんだね~


// 元のテーブルにも条件付けられるよ
$options = array('group' => 'xxxx', 'limit' => 3);

// JOINするテーブル
$options['joins'] = array(
array('table' => 'b',
'type' => 'INNER',
'fields' => 'yyy',
'conditions' => array(
array(
'ccc' => 'dddd'
)
),
),
);
$this->a->find('all', $options);

CentOSにPHP7を入れてみる

CentOSにPHP7をインストールしてみたので
忘れないようにメモメモ

CentOS6だと、普通にyumでphpを入れようとすると
バージョンが5.3だったりして、ちょっと古いので
せっかくだからPHP7にしちまおう!


// CentOS6とかはこちら
% sudo rpm -Uvh http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
% sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

// CentOS7はこちら
% sudo rpm -Uvh http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-5.noarch.rpm
% sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

// 確認
% yum list --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php70 | grep php

// インストール!
% sudo yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php70 php php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd