ssh公開鍵認証方式のやり方

あんまりやらない作業なんで

毎回忘れちゃうのでメモメモ

サーバ側に公開鍵を置いておけば、
秘密鍵を持っているクライアントから
パスワード入力しなくても接続できるっていう
ラクだし安全な方式なのだ!

おおまかな手順
1.公開鍵・秘密鍵の作成(クライアント側で)
2.公開鍵をサーバに転送
3.サーバ側で設定ごにょごにょ

1.公開鍵・秘密鍵の作成(クライアント側で)

今まで、公開鍵と秘密鍵をサーバ側で作ってたんだけど
それだと、秘密鍵をクライアント側に持ってくるときに
インターネットとかLAN上に流れるので、あまりよくないらしい

確かにそうだ、うん

ということで「puttygen」を使って鍵作成する手順

プログラムとファイルの検索のとこに「puttygen」って
打つと、引っかかるのでそれをクリック!
※出てこない人は、PuTTYをダウンロードしてこよう!

puttygen

PuTTY Key Generatorっていう、こんな画面が
出てくるので、[Generate]ボタンをクリックし
プログレスバーの下あたりを、マウスでグリグリしよう!
ボケーっと待ってると一生終わんないっすw

終わったら[Save private key]をクリックして、秘密鍵を作成!

公開鍵は、Public key for pasting into OpenSSH authorize_keys file:
の下にごにょごにょ書かれてる文字列をコピって作成!

2.公開鍵をサーバに転送

とりあえず、なんかのFTPソフトを使って
自分のホームディレクトリにでも置いておきますか
/home/xxxx/id_rsa.pub

3.サーバ側で設定ごにょごにょ

あとは、PuTTYやらWinSCPやらで
ローカルにある秘密鍵を指定してあげればOK!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です