node.jsのバージョンが古い

Centos7系を使ってたんだけど
なにも考えずにyumでnodeをインストールすると
バージョンが6だったりする

古いとなにかと不便(asyncとかが使えない)ので
バージョンアップしようと思ったらnvmという
node.jsのバージョンを管理できるような便利なものが
あるらしいのでその内容をメモメモ

root権限でnvmをインストールして
他のユーザからでもnvm経由でインストールしたnodeを
使えるようにしたーい!

まずはnvmのクローンを作成

一応nvmのバージョン確認

ログイン時にnvm.shが自動的に実行されるように設定
/etc/profile.d/nvm.sh を新規に作成し、下記の内容を書き込む

いざインストール

無事に最新の安定板のインストール完了

複数バージョンを入れて、切り替えることも可能らしいけど
今回は特に必要がないのでスルー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です